白髪染めの選び方

はじめにどのように染めるタイプなのかに注目してみると良いでしょう。

よくあるのが化学成分の働きによって染めるタイプです。最もポピュラーなタイプですが、長所としては一回でキレイに染められることです。強力に白髪を染められますので簡単に隠すことができ、確実性のある対策方法を好む方に適していると言えます。

しかしながら強い作用がある化学成分を用いて染めるゆえに頭皮トラブルの原因になってしまうという短所があります。染めている時にも頭皮がピリピリと刺激を受けたり、かぶれが発生してしまうこともありますので、頭皮が弱い方の場合ですとあまり向いていないタイプと言えるでしょう。

また、地肌に負担になるだけでなく髪の毛自体にも悪影響になることがあります。その為、染めた後にパサついてしまうといったトラブルが起こることもあるのです。

続いてトリートメントタイプの白髪染めが挙げられますが、長所としては髪の毛と地肌に優しいことです。安全性を重視したタイプとなっていますので髪の毛にも優しく、地肌に付着してもトラブルの原因になり難い傾向があります。自然由来の成分を配合していますので地肌がデリケートな方に適していますし、安全性を重視した染め方をしたい時にも良いと言えます。

優しい成分の為、連続して使用することが可能なのもメリットです。負担になり難い成分ですので、日を空けることなく続けて染めることができ、それゆえに常に染まった状態を維持することができます。ですから根本から白髪が目立ち始めてくるといったありがちな悩みも持ち難くなるはずです。

短所は染める力が弱いことです。基本的には徐々に染めていくことになりますので何度か使用してようやく染めることができます。その為、希望通りの仕上がりにする為には時間と回数が掛かり、すぐに染めたい時にはあまり適していません。

どのような形状なのかに着目して選ぶのもポイントです。前述したようなトリートメントタイプの場合は特に意識する必要はありませんが、化学成分で染めるタイプの場合ですと形状も意識した方が失敗し難くなるはずです。

髪の毛が長かったり、全体を一気に染めたいという方には乳液や液体、ジェルタイプが適していると言えるでしょう。これらのタイプは伸びが良い為に扱い易く、染め残しが発生することも少ないです。

部分的に染めたい時にはクリームタイプが使い易いです。クリームタイプですと液がタレ難く、狙った場所もピンポイントで塗布することができます。その為、生え際などに少し生えてきた白髪だけを染めたい時にも役立ちます。

あまり白髪を自分で染めたことがない初心者の場合はホイップタイプが良いでしょう。染め残しが発生し難く、尚且つ扱い易い為に失敗する可能性も低いです。

どのように染めるかによって適したタイプが違いますので、目的に合わせて形状を選ぶようにした方が良いと言えます。

白髪染めと言えば明るさも意識しなければいけませんが、明るさは白髪の量によって決めていくと失敗をし難くなります。

基本的に白髪の量が多い場合は色が付き易くなりますから、明るめに仕上げたい、尚且つ白髪の量が多いようなら希望通りのカラーをそのまま選ぶことで仕上がりも理想に近くなるはずです。もし白髪の量が少ないようなら色が入り難くなっている為、ワントーン明るめを選んだ方が理想に近い仕上がりになります。

反対に暗めに仕上げたい場合、尚且つ白髪の量が多いようなら色が入り易い傾向がありますので、希望するカラーよりもワントーン暗めにした方が失敗は少ないです。白髪の量が少ないのなら色はそこまで入ることはない為、希望するカラーを選ぶようすれば理想的な色合いになります。

このように白髪染めには色々な種類があったり選び方がありますので、どのように染めたいのかを踏まえつつ、比較をしながら選ぶことが大切です。

コメントを残す